ホーム» ブログ»EC関連ニュース»ネットショップ担当者のためのネタリスト [2020年11月]
ブログ

ネットショップ担当者のためのネタリスト [2020年11月]

スタンダードラボのツイッター(@standardlab)では、ネットショップ担当者に役立つニュースや情報を収集してつぶやいています。
ブログでは、ツイッターでつぶやいたネットショップ運営や集客などに関するニュースや情報を月毎にまとめています。
気になるニュースや情報をチェックしてみてください。

YouTubeの影響で商品を買った割合は19~22歳女性で3割超、「化粧・美容品」を購入 | ネットショップ担当者フォーラム

最近1か月でYouTubeに影響されて商品やサービスを買った(課金した)経験がある消費者は、13~15歳男女と19~22歳女性でそれぞれ3割を超えた。

ECモールの利用経験は9割超。メーカー・ブランド直販は約4割で、不満は「送料が高い」「サイズがわからない」 | ネットショップ担当者フォーラム

全国の男女1000人を対象に行ったオンラインショッピングでの購買行動やブランドの意識調査結果によると、これまで利用したこのとある通販サイトは「楽天市場」「アマゾン」などのECモールと回答した割合が94.2%を占めた。

コロナ禍でEC利用はどう変わった? 新規顧客と注文件数は大幅増加、購入単価は横ばい | ネットショップ担当者フォーラム

SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」のフューチャーショップはコロナ禍における2020年7月~9月の消費者によるEC利用状況を調査、それによると注文件数は月平均で66%増、新規顧客は2倍に増えている。