ホーム» ブログ»EC関連ニュース»ネットショップ担当者のためのネタリスト [2016年12月]
ブログ

ネットショップ担当者のためのネタリスト [2016年12月]

スタンダードラボのツイッター(@standardlab)では、ネットショップ担当者に役立つニュースや情報を収集してつぶやいています。
ブログでは、ツイッターでつぶやいたネットショップ運営や集客などに関するニュースや情報を月毎にまとめています。
気になるニュースや情報をチェックしてみてください。

ボタンを押すだけで日用品を注文できる「アマゾンダッシュボタン」の販売を開始、Amazon | ネットショップ担当者フォーラム

米国では、当初、18ブランドで開始したが、現在は200ブランドまで拡大しており、利用者は自宅で平均4個のボタンを使っているという。

ECサイトのカゴ落ち率は7割。途中離脱の防止に役立つ2つの施策 | ネットショップ担当者フォーラム

さまざまな施策に時間とコストをかけても、購入の一歩手前で離脱してしまうユーザーはかなりの数になるのです。

心置きなく休むために!Web担当者が年末年始の休暇前にチェックするべき10項目|ferret [フェレット]

企業の活動はストップしていて出勤している人もいないのに、ホームページは公開されているという状況は、しっかり前準備をしておかないと思わぬトラブルを生む可能性があります。

3C分析とは?マーケティングの基礎を覚えて競合と市場を分析しよう|ferret [フェレット]

Webサイトは作って終わりではなく、顧客との関係づくりの媒介となるものです。また、Webサイトは媒体の一つであり、メール一つとっても関係づくりになりえるものです。

会社やサービスの顔となる印象的なロゴを作るための5つの手順と7つの注意点|ferret [フェレット]

ロゴによってサービスの印象が決まるだけではなく、ロゴが覚えやすいものであればサービスを使ってもらえる頻度も高くなる可能性さえあります。

【事例】売上1,600万円UP!前年比120%の成果をもたらしたメルマガ施策を公開|ferret [フェレット]

短期的な売上向上のために、「全員にクーポン付きメルマガを毎日打つ」「毎回同じような文面のメルマガをたくさん送りつける」といった施策はNG。